Home > 青年部 > 芦屋山荘でオープンディスカッションを開催

芦屋山荘でオープンディスカッションを開催

2007年03月30日

当工組青年部は、3月30日(金)18時から芦屋山荘において、オープンディスカッションを開催した。
工組の理事長はもとより青年部が所属する協組の理事長などを招き、合わせて24名が参加した。
このディスカッションは、「生コン業界の将来はどうあるべきか」をテーマとし、次世代を担う青年部が、業界の抱える諸問題をどのように克服し、将来の発展に向けて努力していくべきかについてお互いに忌憚のない意見交換を行うために企画立案されたものである。
参加した各理事長からは、生コン需要の動向や工・協組の課題また全生連の組織改編などについての発言があり、また青年部に対しての苦言、激励などがあった。青年部は、これらの発言を真摯な気持ちで受け止め、各人が次の時代を担うのは自分たちであるということを再認識したようであった。
このようなディスカッションは初めての試みであったが大変充実したものとなった。



|前のページにもどる|