Home > 事務局ニュース > JCI「コンクリート基本技術調査委員会 不具合補修WG」報告会のお知らせ

JCI「コンクリート基本技術調査委員会 不具合補修WG」報告会のお知らせ

2012年07月23日

当工業組合員は、「団体会員構成員」(参加費7,000円)となります。
  ※ 所属団体名に「全国生コンクリート工業組合連合会」とご記入ください。

  募集要項・申込書はこちら
  
http://www.jci-net.or.jp/j/events/20120820-0928.html

報告の内容は、施工に関する事項が中心のようですが、不具合の事例に関する情報は
今後のクレーム処理に役立つと思われるため、ご連絡申し上げます。

*********************************************************************************************
 日本コンクリート工学会(JCI)では、「コンクリート基本技術調査委員会 不具合補修WG」を
 立ち上げ、施工中に発生した不具合を適切に補修することで、初期欠陥のない、所要の品質
 を有するコンクリート構造物を後世に残すことを目的とした活動を行ってきました。
 この度、施工中に発生した不具合への対処についての基本的な考え方、各種の不具合に
対する対処の要点などがまとまり「施工中に発生した不具合の補修のあり方」として報告する
ことになりました。
 つきましては、コンクリートの製造・施工や設計に関わる皆様方にご参加いただきたくお願い
申し上げます。

【報告内容】
1.ひび割れ
2.充てん不良(豆板や内部空洞)
3.異常な変形
4.欠け(局部的な欠損)
5.かぶり(厚さ)不足
6.コールドジョイント
7.漏水
8.砂すじ
9.圧縮強度不足
10.ポップアウト
11.変色・色むら



|前のページにもどる|